05月 11日 2018

いよいよ今夏米国でDAZNサービスローンチ! マッチルーム・ボクシングとジョイントベンチャーを立ち上げ アメリカ全土での独占放映パートナーシップが決定

スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」を運営するパフォーム・グループ (Perform Group)は、世界有数のボクシング・プロモーターであるマッチルーム・ボクシング(Matchroom Boxing)とジョイントベンチャー「マッチルーム・ボクシングUSA」(Matchroom Boxing USA)を立ち上げることを5月10日ニューヨークにて発表しました。

ボクシング界史上初となる10億ドル規模の提携パートナーシップのもと、アメリカ全土における最高峰の会場でスター選手が登場する試合を年間16試合開催します。試合、選手、コンテンツとボクシングのプロモーションによって、ボクシングファンの再燃と次世代ファンの拡大を見込みます。アメリカでは今夏ローンチを予定しているDAZNで全試合独占放映。日本でもこのエキサイティングなコンテンツを放映する予定です。

今回の契約合意につき、マッチルーム・ボクシングのマネージングディレクターであるエディー・ハーン氏は「このパートナーシップはボクシング界において歴史的な一歩です。アメリカにおける市場拡大のビジョンを共有でき、ボクシングで最も強力な土台を築けるパートナーであるDAZNをボクシングの本拠地とするのが狙いです。」と語っております。

また、パフォーム・グループCEOのサイモン・デンヤーは「パフォーム・グループには世界有数のライツホルダー達との長期戦略的パートナーシップを築いてきた歴史があります。マッチルームと仕事ができることを楽しみにしています。私たちが共有するのは、アメリカでのボクシング熱を再び作り出すパッションとビジョンです。アメリカのスポーツの豊かな歴史とメディアが提供できる最先端の技術を融合させます。」と意気込みを語っております。

■  Matchroom Boxingについて

マッチルーム・ボクシングはイギリス、ブレントウッドのエセックスに拠点を置くスポーツイベントプロモーション会社。過去5年間のボクシングプロモーションを通して100万枚以上のチケット販売や観客動員数9万人規模の試合を完売させるなど、イギリスにおけるボクシングの存在を大きくしました。