07月 20日 2016

Jリーグ、DAZN、NTTグループ「スマートスタジアム事業」協業契約締結

2016年7月20日

Jリーグと、Perform Groupが提供するスポーツのライブストリーミングサービス1「DAZN(ダ・ゾーン)」とNTTグループは、下記の通りスタジアム・ホームタウンのICT化を図る「スマートスタジアム事業」における協業契約を締結いたしました。契約期間は2017年から2026年の10年間です。

JリーグとDAZN、NTTグループはJ1クラブのホームスタジアムをはじめとした全国のスタジアムのwi-fi環境整備・情報サービス提供などを含めたICT化2事業「スマートスタジアム」を推進いたします。インターネットに快適につながるスタジアムをスタートポイントに、ICTを利活用したヒト・モノ・コトが相互につながる仕組みやスタジアム内で楽しめるコンテンツとサービスを通じて、観戦にいらした方々の興味の対象がスタジアム周辺地域やコミュニティにまでひろがるきっかけを提供いたします。また、この事業により ICTを通したチームや選手、試合の魅力の発信で新たなファン層を開拓してスタジアムへの来場を促し、地域とつながるスポーツ産業を発展させることを目指します。

「スマートスタジアム」の実現に向けて

(1)先進技術を使った新たな映像サービスと観戦スタイルの提供

スタジアムではスタッツを見ながら試合を観戦したり、プレイバック機能を使って何度でも感動的なゴールを手元でリプレイするなど、スポーツファンの視聴環境の質を高め、よりJリーグを楽しんでいただく環境を整えていきます。これらの映像サービスや試合・選手の解説情報を手持ちのスマホ・タブレットにお届けすることで、目の前の試合をより楽しめる仕組みを提供し、スタジアム外を含めて新たな観戦スタイルと楽しみ方を提案していきます。

(2)スポーツを契機とした地域振興・デジタルマーケティング

より幅広い層のお客さまに来場いただけるよう、スマホ・タブレットやデジタルサイネージなどを通じて試合観戦以外の新たな体験を創出、提供いたします。また、スタジアムと周辺地域の商業・観光施設間での相互送客など、クラブやファン・サポーターが地域コミュニティの核となり地域振興につながる活動を支援します。