スポーツの新しい楽しみ方、NFT事業にミクシィ社と共同で参入

「DAZN MOMENTS」2022年春に提供開始

スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」は、株式会社ミクシィと共同で、スポーツ特化型NFT(Non Fungible Token(ノンファンジブルトークン/非代替性トークン))マーケットプレイス「DAZN MOMENTS」(ダゾーンモーメンツ)の提供を2022年春より開始することを発表します。

DAZNは2016年のサービスローンチより5周年を迎え、6年目となる今年よりさらなる事業拡大及びスポーツ業界への発展を見据え、新たな取り組みに積極的に取り組んでまいります。その一つとして、近年世界のスポーツ業界でも成長をみせているNFT事業に、スポーツファンのみなさまが楽しめる新たな可能性を感じ、スポーツとテクノロジーの発展をリードするミクシィ社とパートナーシップを組み、参入する運びとなりました。「DAZN MOMENTS」では、スーパープレーやメモリアルシーンなどプレミアムなスポーツ映像をシリアルナンバー付きのNFTコンテンツとして提供し、段階的にユーザー同士でコンテンツを売買できるマーケットプレイスコンテンツを開始するなどコミュニティの醸成にも寄与していく予定です。

ミクシィ社とDAZNは2020年12月に「商業施設利用契約サービス」をローンチしており、セールスエージェントパートナーとして協業を開始しています。ミクシィ社が提供する店舗でのスポーツライブビューイング検索サービス「Fansta(ファンスタ)」に、DAZN商業施設利用契約者がスポーツ観戦に特化した情報を掲載することで、DAZNを視聴できる店舗で仲間と一緒にスポーツ観戦を楽しむことができる場の創出を行ってまいりました。

今回の取り組みでは、DAZNの豊富なスポーツコンテンツとミクシィ社が持つ最新のテクノロジーを用いたサービス開発のノウハウ、そしてミクシィ社の提携先でスポーツNFT界では第一人者ともいえるDapper Lab社の最先端のテクノロジーを掛け合わせたサービスで、デジタル領域におけるスポーツの発展、さらには新たなスポーツの楽しみ方の開拓に貢献してまいります。

DAZNグローバルでは、2021年にカネロ・アルバレスとビリー・ジョー・サンダースの対戦を記念して、ボクシングNFTを発行しております。今回の取り組みはその発展した形となります。

 

■「DAZN MOMENTS」開発、運営について

DAZN MOMENTSは、DAZNが主にコンテンツマネジメントやマーケティングを行い、ミクシィ社がサービス開発、運用を行います。開発においては、最も成功しているNFTマーケットプレイスで知られる「NBA Top Shot」に使用されている次世代ブロックチェーン「Flow」(ミクシィ社が業務提携に関する基本合意書を締結しているDapper Labs社が提供)を基盤に、サービス構築を行います。

 

■「DAZN MOMENTS」サービス概要

DAZN MOMENTSは、日本マーケットにおけるスポーツ特化型NFTマーケットプレイスで、スポーツ選手のスーパープレーやメモリアルシーンの映像を、NFTコンテンツとして提供するサービスです。コンテンツは全て動画のため、好きなスポーツ選手のNFTコンテンツを集めて、お気に入りの映像シーンをいつでも何度でも楽しむことができます。コンテンツにはそれぞれシリアルナンバーが記されており、Flowブロックチェーンに記録されます。まずはNFTコンテンツの収集をメインとして提供を開始し、段階的にユーザー同士でコンテンツを売買できるマーケットプレイス機能や、コミュニティとして楽しく集まれる場を作るなど、同じ興味関心があるユーザー同士でコミュニケーションを取りながら楽しめるサービスにアップデートしていく予定です。

今後正式な提供開始日や、DAZN MOMENTSで展開するNFTコンテンツについては以下サイトにて随時発表、追加いたします。

DAZN MOMENTSティザーサイトURL:https://teaser.daznmoments.com

 

■株式会社ミクシィ 代表取締役社長 木村弘毅氏 コメント

 

「本物の瞬間を。

今までITはスポーツの“記録”をアーカイブすることには長けていました。しかし、もう一つの大切な価値である“記憶”をアーカイブすることは中々できていませんでした。DAZNの豊富な公式映像と、NBA Top Shotで世界的に成功しているDapper Labs社の美しいデザインDNAを組み合わせることで、スポーツシーンにおける最大の価値であり無形資産である「想い出の瞬間」を日本のスポーツにおいても美しい唯一無二のNFTコンテンツとしてコレクションすることを可能としました。スポーツの名シーンをお気に入りのスニーカーのように、いつまでも眺めたり、友人に自慢したり、トレーディングを楽しんだりして欲しいと思います。また、収益の一部は各スポーツ団体の収益となります。スポーツファンの皆さまの記憶のアーカイブを作ることが、日本のスポーツが成長していく財源となっていく未来に非常に高い期待を寄せています」

 

 

 

■DAZN Japan エグゼクティブバイスプレジデント 山田学 コメント

 

「この度ミクシィ社と、”NFT事業”という、成長著しいスポーツ産業に新たに挑戦できることを非常に嬉しく、また楽しみに思っています。DAZNは、スポーツのライブ映像をOTTプラットフォームでお届けするという、当時革新的でチャレンジングな事業に取り組んでまいりました。ローンチより5年が経ち、スポーツファンのみなさまにとって好きなスポーツをいつでもどこでも、好きなだけ楽しんでいただけるサービスとして日本でも定着し、スポーツ視聴の文化を変える一翼を担ってきたのではと感じております。スポーツ&エンターテインメント業界をリードするメディアとして、コンテンツの制作・配信からさらに一歩進み、デジタルとスポーツを掛け合わせたNFTマーケットへといち早く参入することでさらなる事業の成長を試みます。忘れられない、胸を熱くするスポーツの一瞬を「DAZN MOMENTS」を通していつでも振り返られるー。スポーツファンにとって有意義なコンテンツを提供できるよう、これからも全力で努めてまいります」

 

 

 

 

ミクシィグループ < mixi.co.jp > について

ミクシィグループは、”ユーザーサプライズファースト”の企業理念のもと、ユーザーの皆さまの想像や期待を超える価値提供に取り組んでいます。当社グループは1997年の創業以来、「mixi」や「モンスターストライク」、「家族アルバム みてね」、「TIPSTAR」など、友人や家族といった親しい人と一緒に楽しむコミュニケーションサービスを提供してきました。これからも、”フォー・コミュニケーション”と定めたミッション(私たちのやるべきこと)を遂行するため、人々の生活がより豊かになる未来を思い描き、ITの側面からコミュニケーションの活性化を促す事業・サービスを推進し、より良いコミュニケーションの創造に取組んでいきます。